内容証明×つた行政書士のご案内

内容証明×つた行政書士 HOME » 慰謝料請求をする » 交通事故後遺症の慰謝料請求

交通事故後遺症の慰謝料請求

交通事故の被害者が後遺症をもたらす傷害を負った場合は、慰謝料(後遺症慰謝料といいます。)、損害賠償の請求を主張していきます。

後遺障害は、労働能力の喪失がどの程度かで分かれており、1級から14級までに区分されています。後遺障害等級の認定は、損害保険料率算出機構により行われ、審査は原則、医師の後遺障害診断書、CT・MRI、レントゲン写真などを根拠に行い、書面審査によるので後遺障害の認定は、後遺障害診断書が最も重要なものとなります。

後遺障害等級による慰謝料の金額

【弁護士基準】

後遺障害等級金額
12600~3000万円
22200~2600万円
31800~2200万円
41500~1800万円
51300~1500万円
61100~1300万円
7900~1100万円
8750~870万円
9600~700万円
10480~570万
11360~430万円
12250~300万円
13160~190万円
1490~120万円

【任意保険基準】

後遺障害等級金額
11100~2200万円
2956~1820万円
3829~1620万円
4712~1390万円
5599~1200万円
6498~1000万円
7409~850万円
8324~690万円
9245~530万円
10187~400万円
11135~320万円
1293~220万円
1357~140万円
1432~90 万円

【自賠責基準(自動車損害賠償保障法施行例別表第1)】

後遺障害等級金額
11600万円
21163万円

【自賠責基準(自動車損害賠償保障法施行例別表第2)】

後遺障害等級金額
11100万円
2958万円
3829万円
4712万円
5599万円
6498万円
7409万円
8324万円
9245万円
10187万円
11135万円
1293万円
1357万円
1432万円
自動車損害賠償保障法施行例別表第1の1等級で被扶養者有りの場合は、1800万円、2等級で被扶養者有りの場合は、1333万円となります。
自動車損害賠償保障法施行例別表第2の1等級で被扶養者有りの場合は、1300万円、2等級で被扶養者有りの場合は、1128万円、3等級で被扶養者有りの場合は、973万円となります。

慰謝料請求に関する内容証明の関連ページ