内容証明×つた行政書士のご案内

内容証明×つた行政書士 HOME » 賃貸不動産に関する内容証明

賃貸不動産に関する内容証明

賃貸不動産業者と借主との間で最も多いトラブルが、退去時の敷金返還についてです。賃貸住宅の退去時は、賃貸借契約において原状回復が規定されていることが多いですが、出費を抑えたい家主が何かにつけて修繕費用などの名目で敷金返還を拒もうとして問題になることが典型です。

一方、借主が起こすトラブルにおいては、賃料不払いが突出しています。中には開き直って、居座る借主もおり、家主としては頭を悩ます問題となっています。

<賃貸不動産に関する内容証明関連ページ・・・賃貸不動産のトラブルについてそれぞれをまとめました。>

敷金返還請求

敷金は本来、住宅を賃貸する時、賃料や賃貸借契約上の債務担保・トラブルの保証で預けておく性質のものであり、家主には一時的に敷金を預けています。一度預けると渋って返還しない家主が中にはおり、敷金返還トラブルが生じます。

賃料不払いによる明け渡し請求

賃料不払いによる明け渡し請求には、賃貸借契約を解除する必要があります。未払い賃料の催告を行い、その間に賃料の支払いがない場合に賃貸借契約を解除するのが原則です。