内容証明×つた行政書士のご案内

内容証明×つた行政書士 HOME » ペット・動物トラブルに関する内容証明 » 犬同士のケンカ

犬同士のケンカ

犬の社会では上下関係が形成されています。知らない犬同士が遭遇した場合は、興奮し、力があることを示したりテリトリーを守ろうとして時にケンカをすることがあります。
喧嘩両成敗という言葉もありますが、喧嘩両成敗であるから責任を負わないのではなく、飼い主の不注意(ノーリードやリードを長く持っていた等)が介在していれば損害賠償・慰謝料請求の対象となります。お互いに責任がある場合は過失相殺となり、損害賠償額の減額対象となります。

<ペット・動物トラブルに関する内容証明関連ページ・・・ペット・動物トラブルについてそれぞれをまとめました。>